センセックスは3日連続で下落し、不安定な取引で106ポイント下落

30株のBSEベンチマークは、105.82ポイント(0.19%安)の54,364.85で決済されました。日中は、最高値が54,85​​7.02、最低値が54,226.33に達しました。...

ベンチマーク指数は火曜日に低調で終了し、3回連続で下落し、センセックスは非常に不安定な取引で106ポイント下落しました。

30株のBSEベンチマークは、105.82ポイント(0.19%安)の54,364.85で決済されました。日中は、最高値が54,85​​7.02、最低値が54,226.33に達しました。

NSEニフティは61.80ポイント(0.38%)減少し、16,240.05で終了しました。

センセックスの企業の中で、タタスチール、サンファーマ、NTPC、タイタン、バジャジファイナンス、リライアンスインダストリーズ、テックマヒンドラ、ITCが大きな遅れをとっていました。

対照的に、Hindustan Unilever Limited、Asian Paints、IndusInd Bank、UltraTech Cement、Maruti、Kotak Mahindra Bank、HDFC Bank、HDFCが利益を上げました。

アジアの他の地域では、東京、香港、ソウルの市場は下落し、上海は高値で落ち着きました。

ヨーロッパの株式市場は午後のセッションでより高く引用していました。

米国の証券取引所は月曜日に急落した。

一方、国際石油ベンチマークのブレント原油は1.82%下落し、1バレルあたり104米ドルになりました。

証券取引所のデータによると、外国の機関投資家は月曜日に正味3,361.80ルピー相当の株式をオフロードし、売りモードを維持した。

「市場はすでに金利の上昇に見舞われていたため、ウォールストリートは月曜日に1年以上で最低水準に急落しました。世界の株式の下落を受けて、インドの株価指数はある程度の圧力に直面する可能性があります。

ヘム証券のPMS責任者であるMohitNigamは、次のように述べています

アジアの他の地域では、東京、香港、ソウルの市場は下落し、上海は高値で落ち着きました。

Source: https://indianexpress.com/article/business/market/equity-markets-stocks-shares-bse-sensex-nse-nifty-oil-rupee-prices-global-cues-may-10-7909216/

Like this post? Please share to your friends:
Crypto Truth